ミュゼのハイジニーナ脱毛 気になるあれこれQ&A

ミュゼには、「ハイジニーナ7」というコースがあります。
聞きなれない言葉ですが、他サロンでいうところのVIOコースのことですね。
ミュゼのハイジニーナ7は、デリケートゾーン7ヵ所のお手入れができる、VIOに特化したプランです。

  • VIO脱毛が初めての方
  • 清潔に保ちたいという理由でVIO脱毛をしたい方
  • 自己処理が面倒だから解放されたいという方

ミュゼのハイジニーナ7は、ただ水着や下着からはみ出ないように整えたい、という方よりも、デリケートゾーンのお手入れにお悩みを持っている方にこそオススメしたいプランです。

 

特に、VIO脱毛が恥ずかしい、自己処理が怖い、など感じている方にはミュゼの丁寧なサポートがオススメです。
私がミュゼのハイジニーナ7で脱毛した時の体験を参考に、気になるポイントをQ&A形式でお答えします!

 

ミュゼの「ハイジニーナ7」料金はこちら>>

 

ハイジニーナ7 気になるQ&A

 

自己処理で全剃りしなきゃいけないって本当!?


 

そんなことはありません。
全剃りするのは、以下のようなパターン。
・VIO全てのムダ毛を全部ナシにしたい
・全体的に毛の量を減らしたい
それ以外は、自分がしたい形に合わせて自己処理してけば、自己処理してある部分に照射してくれます。


 

 

自己処理後から抜けるまでの間、チクチクして痛くないですか?


 

自己処理後、照射して次に生えてくるまでチクチクしますね。
また、照射した後はやはりデリケートゾーンなのでショーツなどに擦れた時に痛みがありました。
ワキや足などの他の部位と比べると、色々痛みがありますが1時間程度でなくなります。


 

 

最終的にツルツルになるんですか?何回くらいでツルツルになりますか?


 

ミュゼに限らず、脱毛サロンの照射は永久脱毛ではありませんので、ツルツルにはなりません。
「減毛」が目的ではありますが、ツルツルに近い状態にまではなります。
自己処理は確実に不要にはなります。
回数はハイジニーナの場合は18回以上かかると思っていいと思います。
VIO全ての部位でスピードが違うので、特にVラインはかなり時間がかかるので多めの回数で割引してもらった方がいいでしょう。


 

 

施術は恥ずかしいですか?何か対策は行ってもらえるのでしょうか?


 

ミュゼでは、施術の時に紙パンツをはいて施術します。
また、タオルを上からかけた状態で、右半分、左半分、のような形で施術していきます。
その都度、紙パンツをずらした状態で、なるべくムダ毛の部分以外が見えないように器用に施術してくれます。
足をガバッと開いて・・・ということはありません。
また、目の上にタオルを置いてさらにサングラスをかけていますので、スタッフと目が合ってしまう、というようなこともありません。
施術スタッフは会話を上手にしながら、サッとスムーズに施術していきますので恥ずかしいのは最初の1回だけだと思っていいですよ!


ミュゼの「ハイジニーナ7」料金はこちら>>

 

ハイジニーナ脱毛3つのメリット

ハイジニーナとは、「衛生」を意味する造語で、脱毛業界ではデリケートゾーン・VIOのことを意味します。
ハイジニーナ脱毛は、水着や下着からはみ出さないようにするという理由だけでなく、他にも多くのメリットがあります。

デリケートゾーンを衛生的に保つ

誰でも一度はVIOが痒くなったことありますよね。
塗り薬があるくらいですから、私だけじゃないはず。
VIOが痒くなる理由は、生理の時にムレたり、ムダ毛のせいで雑菌が繁殖してしまったりすることがあるからなんです。デリケートゾーンの脱毛をすることで通気性がよくなり、ムレや匂いの防止にもつながります。

 

水着も下着も色々楽しめる

ムダ毛が気になるし、自己処理も面倒だからいつもの水着でいいや・・・と思って新しい水着をあきらめたりすることありますよね。
VIOがいつもキレイだったら、どんな下着や水着も気にすることなくいつでも楽しめます。

 

自己処理の手間が省ける

自己処理の中でも最も時間がかかって、もっとも注意が必要なのがハイジニーナだと思います。
だからこそ、しょっちゅう処理するのが本当に面倒なんですよね。
ハイジニーナは慌てて処理すると傷ついたりして危険です。
自己処理の手間が省けるのは本当に嬉しいですね。

 

ミュゼの「ハイジニーナ7」料金はこちら>>

 

無料カウンセリング予約はこちら